WinActorで得られる効果


  • HOME
  • 得られる効果

WinActorは業務フローや日頃利用している業務システムを大きく変える事無く導入することができるので、現場スタッフに負担をかけずスムーズに導入することができます。

残業を減らす、スタッフを活かす

残業を減らすために「新しい人材を確保しよう!」と考える方もお見えになることでしょう。
確かに優秀な人材を確保できれば良いですが人材難が騒がれる昨今、本当に可能でしょうか。

答えは「可能です。ただし、人ではなくWinActorですが。」

ソフトウェアロボット(RPAツール)のWinActorは、パソコンを使った面倒な定型業務を人間に変わって昼夜問わず処理します。

WinActorに煩わしい業務を任せることで、残業時間や単純作業の時間を削減しスタッフの 「満足度向上」に繋がったり、「付加価値の高い業務」へ能力を存分に発揮することが可能になります。

ミスの予防で、先回りのフォロー

「慌しい業務」や「迫る締切」に追われながらも、スタッフは一生懸命に業務を処理している。
こんな状況をイメージしてみてください。
このような状態ではミスの発生する可能性は高まることを想像するのは難しくないでしょう。

なにより、どんな熟練者でも人為的なミスは発生してしまいます。

ミスが発生した後のリカバリーは大変な労力を要します。
ミスしたスタッフの精神的ダメージも大きいです。

WinActorなら、設定してあるPC操作を間違える事なく何度でも実行できます。
ミス発生時のリカバリーより、ミスが起こりにくい環境を整備しましょう。

作業手順の可視化は、属人化からの脱却

専任担当スタッフが退職・休職になる際、業務の引継ぎは困難。
「高付加価値の業務」や「担当するお客様」の引継ぎは優先的に対応すると思いますが「雑多な業務」は手付かずのままになる場合も間々あるのではないのでしょうか。

WinActorで業務を自動化しておけば一人のスタッフに依存することもありませんし、作業の流れもフローチャート形式で可視化できるので一目瞭然。
手順書を用意する必要もなくなります。

WinActorを経由することで業務を簡略化できるため、教育の時間も大幅に圧縮でき新入社員でも円滑に対応できるようになります。

WinActorはライセンスを継続する限り、退職も休職もありませんのでご安心ください。