利用シーン:Excel作業の自動化


  • HOME
  • 利用シーン:Excel作業の自動化

業務アプリやクラウドサービスは数多くありますが新しいシステムは難しそうだったり、現場スタッフからの反感もありExcelを使って業務を管理している会社はまだまだ多いです。

そんな状況でも人手不足や働き方改革のため業務効率化を進めていきたいのが現実。

WinActorで自動化できます。

エクセルシートのデータを会計ソフトに自動登録

仕入や売上の情報を社内スタッフが日々エクセルに更新して管理している会社は未だに少なくありません。
CSVにエクスポートして、会計ソフトにインポートするにも経理には不要な情報が散財しデータの整形するだけでも大変。
結局、月末にエクセルのデータを会計ソフトにコピー&ペーストして納品書と請求書の用意している経理担当の業務。
ただでさえ忙しい月末に “至急かつミスのない対応” が必要。

繰り返し発生する業務はWinActorにお任せください。どんなに熟練の経理社員より早く・正確に対応できます。

複雑なマクロの構築不要、WinActorで簡単自動化

WinActor(RPA)を使わなくてもExcelのマクロを使えば業務効率化できまる、というSEの方もきっとお見えになるでしょう。
それは、開発能力を持った方のお考えです。
多くの人はマクロ開発はもちろんVBAを使用した構築は雲の上の存在。
実際に構築するとなったら外部委託に頼らざるを得ない会社も少なくないはずです。

WinActor 利用シーンのご紹介