利用シーン:定期データ保存


  • HOME
  • 利用シーン:定期データ保存

データのバックアップの重要性は分かってはいるけど、ついつい忘れがち。

メールデータに作業ファイル、顧客情報も…。
パソコンの全データをバックアップするのは膨大だし、別々のアプリデータを保存しておくのも手間がかかりすぎ。

WinActorで自動化できます。

定期データ保存を自動化

メールデータのバックアップに指定フォルダのデータ、基幹システムのデータエクスポートといった内容をWinActorに記録し定期的に実行するよう設定しておけばデータ保存&バックアップ忘れを防げます。

新たなデータ保存対象アプリが増えてもWinActorに追加すれば大丈夫。
柔軟な運用が可能になります。

プログラミングの必要なく設定が可能なためシステムエンジニアが対応せずとも個々の作業環境に合わせたデータ保存&バックアップ操作が可能です。
定期パソコン業務はWinActorにお任せください。
多忙のため細かな作業が忘れがちな社員でも安心・定期的に対応できます。

WinActor 利用シーンのご紹介