自動化可否判定(無償)


  • HOME
  • 自動化可否判定(無償)

自動化可否判定とは、業務フローや内容を診断しその業務が自動化できるかどうか無償で判定するサービスです。

RPAのプロと検証ができる、費用対効果が分かる

  • どんな業務が自動化できるの?
  • ほんとに全部自動化できるの?
  • この業務の自動化を考えているのだけど?
  • シナリオ構築時の懸念点や開発依頼時はどのぐらいコストがかかる?
  • どのぐらいの効果が見込めるの?

自動化可否判定ではWinActorの導入・開発実績を誇る専門家と一緒に自動化の検証や費用対効果を確認することができます。

自動化できるか不安だが対応を指示された業務や効果が高そうな業務をご相談ください。

自動化可否判定 実施時の流れ

御担当者に業務の流れを簡単に説明頂き、その後技術検証を行います。

  1. 見積/トライアル依頼フォームで、自動化可否判定を希望するにマークをつけてお問い合わせください。
    (見積依頼などすでにお問い合わせを頂戴している場合は、担当者にお申し出頂くことでも可能です。)
  2. 業務手順のヒアリング
    ・ヒアリングイメージ
    (御社担当者様)〇〇の業務です。××から受領したデータを△△に登録します。
    (WinActor技術者)受領したファイルの形式は?フォーマットは何パターンありますか?
  3. WinActor評価版を使用して画面検証を実施

方法準備
WEB会議(Zoom/Teams/Skype等)・対象業務で使用している端末
・作業手順書